グループホーム「ソフトハンド」は利用者様に安心の施設生活をお送りいただけるよう日々努力を重ねております

私たちのホームは

グループホームとは

イラスト

 認知症対応グループホーム(認知症対応型共同生活介護施設)は、認知症の高齢者が少人数で共同生活を送りながら、共に「出来ないこと」を補い、「出来ること」を継続して認知症の症状進行を和らげることを目的としています。
認知症の高齢者は病気や衛生面、健康状態について細かい配慮が必要なため、少人数での生活の中で、職員も共同生活の一員となることで個別のニーズにも柔軟に対応し、家庭的な環境で心身の状態を穏やかに生活できるよう支援します。

ホームの理念



ホームの理念

ホームの取り組み

理念の下で私たちがホームで取り組んでいることは2つあるホームと若干の違いがありますが、共通していることをご紹介します。

何事にも個人の「自由」を尊重しサービス提供していきます。

  • 日常生活上の支援(入浴・食事等への対応)
    • (食事)季節の旬の材料を多く使用するよう勤めます。同伴の買い物にて好きなものを食すことができるように、ご利用者様に選んでいただけるよう配慮します。歯科医からの指導の下、咀嚼状態を考慮し個人に合う食事提供が出来ます。また、好きな時間に食事提供できるよう配慮します。
    • (入浴)安全面と安心感の持てるように、プライバシー守られた入浴ができるよう配慮します。自由な時間で入浴できるよう配慮します。
    • (排泄)プライバシー守られた排泄ができるよう配慮します。
  • 苦情解決体制の内容
    • 苦情を迅速に解決するため窓口を設け、ご利用者様とご家族に対し相談しやすい環境を創ります。
    • 現在実施していること(以下)
      • 意見箱の設置。
      • 相談窓口の案内掲示。
      • 利用者主体の会議。
      • 相談受付できるよう担当者の連絡先を掲示。
  • 個別ケアへの取組み 
     個人の自由を尊重したサービス環境を整えます。そのためにはご家族と連携と共に、地域の協力体制を図ります。
    • 同窓会への個人参加支援(ご家族とご友人との連携)。
    • 個別趣味活動への支援。
    • 個別余暇活動への支援。
    • ご家族との昼食会または誕生会の実施。
    • 受診医療機関の自由選択。
    • 入浴時間の自由。
    • 食事時間の自由。
    • 外泊、外出の自由。
    • 一人で出来ることへの見守りと介助支援。
  • 利用者等への人権・尊厳(身体拘束廃止など)に対する考え・取組み
     介護者である私たち自身が、ご利用者様が同じ人間であって、人生の大先輩であることを忘れず、些細な声がけにも配慮し、プライバシーの守られた支援を行います。もし、やむを得ない事態が発生したときは、同意書を交わし、医師、ご家族の許可の下にご本人の生活歴にも配慮した、相互に納得のいく対応をしていきます。拘束廃止への取り組みは以下の通りです。
    • オムツを使わない。
    • 玄関の鍵は使用しない。
    • 「ダメ」という言葉を使用しない。
    • 行動を妨げるような障害を作らないよう配慮します。

      イメージ画像イラスト

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional